日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

お知らせ


3月18日告示25日投票
逗子市議会議員選挙

 3月18日(日)告示、25日(日)投票で逗子市議会議員選挙(定数17、前回比-1)が行われます。
 日本共産党は岩室年治市議が8期目を、橋爪明子市議が5期目をめざし出馬します。
 今度の市議選では、ムダな公共工事などを無計画に推進したことが財政危機を招いた平井市長の責任、それを認めた多数の市議の姿勢が問われています。財政危機を乗り切るために市長が提案している150項目を超える市民サービス切り捨てや、自らの退職金は受け取る姿勢に多くの市民から批判が巻き起こっていました。
 党市議団は、市長に対し財政危機の問題点を早くから指摘し、財政危機を口実に小児医療費助成の後退は許さず、退職金の受け取りを中止させて来ました。
 引き続き市民の声を市政に届けるために全力を尽くしてきた宝のような党の議席を守る為に、市民のみなさんご支援を心からお願いします。

新着記事

生活保護基準引き下げ 国に中止迫る意見を 神奈川県議会 井坂新哉団長が要求

生活保護基準引き下げ 国に中止迫る意見を 神奈川県議会 井坂新哉団長が要求

 神奈川県議会第1回手定例会で16日、日本共産党県議団(6人)の井坂新哉団長が代表質問し、安倍政権が生活保護の生活扶助費を削減しようとしている問題で、黒岩祐治知事に対し、利用者に接する立場として、見直しの中止を意見するよう求めました。黒岩知事は「見直しの中止を求める考えはない」と答弁しました。  井坂氏は、自身が相談を...

ピックアップ






Return Top