日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

お知らせ

本共産党神奈川県委員会は、10月8日(木)午後6時から、JR桜木町駅前広場で日本共産党街頭演説を開催しました。

新着記事

病院の検査定期的に 相模原市議会松永氏が指摘

病院の検査定期的に 相模原市議会松永氏が指摘

 相模原市議会12月定例会議で11月30日、日本共産党の松永千賀子市議団長が代表質問しました。  松永氏は新型コロナウイルス感染症対応に関して、同市で発生した3件のクラスターのうち2件は病院内で職員が感染源となったことを指摘し、医療・福祉施設などのエッセンシャルワーカーへの社会的検査を定期的に行うよう求めました。  本...
コロナ年末支援こそ 川崎市議団が市長に要望

コロナ年末支援こそ 川崎市議団が市長に要望

 日本共産党川崎市議団は2日、福田紀彦市長に対して2021年度予算要望書と、「コロナ禍から営業とくらし、雇用を守るための年末支援の緊急申し入れ」の要望書を手渡し、懇談しました。  宗田裕之市議団長は「この年末年始に、リ ーマンーショツクの時を上回るような大量の失業者が予想されている。何とか支援する手だてをとってほしい」...
県立高統廃合やめよ 神奈川県議会で大山氏

県立高統廃合やめよ 神奈川県議会で大山氏

 神奈川県議会定例会で2日、日本共産党の大山奈々子県議が代表質問に立ちました。  大山氏は、県立高校の統廃合について、コロナ危機により「高校でも少人数学級を推進するのは必然」と指摘し、高校の削減をやめるべきだと迫りました。桐谷次郎県教育長は「現時点で高校での少人数学級の議論はされていない」「現行の計画に取り組んでいく」...
建設労働者の力発揮を 神奈川の後援会が決起集会 はたの氏訴え

建設労働者の力発揮を 神奈川の後援会が決起集会 はたの氏訴え

 神奈川県の日本共産党建設後援会は11月26日、横浜市内で決起集会を開き、「新型コロナ危機から働く仲間の命と暮らし、仕事を守るため、日本共産党とともに政権交代を実現しよう」と決意を固め合いました。はたの君枝衆院議員(衆院南関東比例・神奈川10区重複)、木佐木ただまさ同3区、佐野昭広同13区両候補が訴えました。  はたの...
医療崩壊食い止めよ 党神奈川県委知事に緊急申し入れ

医療崩壊食い止めよ 党神奈川県委知事に緊急申し入れ

 日本共産党神奈川県議団と党県委員会は11月30日、黒岩祐治知事にあて、新型コロナウイルス感染拡大「第3波」対策(第9次)を申し入れました。  神奈川県では27日に感染者が累計で1万1886人、重症者は64人になりました。県は重症者のベッド使用率を32%と発表していますが、すぐに使える即応病床で計算すると70%に達して...

しんぶん赤旗



新聞『新かながわ』

「新かながわ」2020年11月8日(第2564)号

「新かながわ」2020年11月8日(第2564)号

「菅義偉総理をどうみる」柴田豊勝元横浜市議に聞く  〝安倍政権の継承・発展〟を掲げる菅内閣が発足しました。メディアが菅義偉首相を「苦労人」「たたき上げ」と持ち上げる中で、これに疑問を持つ一人が同じ秋田県出身で横浜市議時代を同じくした日本共産...
続きを読む
Return Top