日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

2016/10

Month
武蔵小杉駅の横須賀線、南武線のホームに関しての要望を行いました

武蔵小杉駅の横須賀線、南武線のホームに関しての要望を行いました

 10月31日午後、JR東日本横浜支社へ、市古てるみ川崎市議団長、大庭裕子川崎市議、君嶋ちか子県議、地元の住民のみなさんとともに、武蔵小杉駅の横須賀線、南武線のホームに関しての要望を行いました。  両ホームの通勤時間帯の混雑ぶりは事故につながりかねない大変危険な状態であることを、17日の現地調査の際に確認しました。  ...
年金カット法案を許すな! 「革新のひろば」10・11月号外発行

年金カット法案を許すな! 「革新のひろば」10・11月号外発行

 安倍政権は今国会で物価が上がっても賃金が下がれば年金の給付額を下げることができる「年金カット法案」を強行しようとしています。「改悪」によって4年後には現行より年金給付水準が一兆円削減される国民いじめのとんでもない法案です。 革新のひろば11月号外、「年金カット法案問題」
日本の空にオスプレイはいらない、整備基地化反対 11・13県民大集会 in木更津 のお知らせ

日本の空にオスプレイはいらない、整備基地化反対 11・13県民大集会 in木更津 のお知らせ

平和を愛するみなさん あなたの不安、怒りをこの集会に  首都圏は、オスプレイが飛来し、富士山麓の演習は常態化しつつあります。横須賀の原子力空母と相まって日米一体化の軍事力強化が進んでいます。沖縄では、自然破壊と住民の反対を排除してオスプレイの着陸帯建設を強行しています。 陸上自衛隊木更津駐屯地は、日米オスプレイの整備拠...
駆けある記・・・「あきらめずに共に」畑野君枝衆議院議員 10月29日 

駆けある記・・・「あきらめずに共に」畑野君枝衆議院議員 10月29日 

 6月5日、「共にいきよう」と、ヘイトスピーチの被害者である崔江以子(チェ・カンイヂャ)さんが川崎市中原区の平和公園で訴えました。ヘイトデモを市民の力で中止に追い込んだ日でした。 昨年11月と今年1月、在日コリアンのみなさんが多くすむ川崎市川崎区桜本をめざすヘイトデモが告知されました。 崔さんをはじめ在日コリアンのみな...
「核兵器禁止条約 国連で交渉へ」決議賛成123、日本は反対 第1委員会で米国など核保有国に同調

「核兵器禁止条約 国連で交渉へ」決議賛成123、日本は反対 第1委員会で米国など核保有国に同調

 国連総会第1委員会(軍縮・国際安全保障問題)は27日、核兵器禁止条約について交渉する国連の会議を来年に招集するとした決議案を、圧倒的な賛成多数で採択しました。日本は唯一の戦争被爆国でありながら、米国など核保有国と歩調を合わせて反対しました。
いじめ情報の共有大切 畑野・大平・吉良議員がNPO法人と懇談 10月27日国会内

いじめ情報の共有大切 畑野・大平・吉良議員がNPO法人と懇談 10月27日国会内

 日本共産党の畑野君枝、大平喜信の両衆議院議員、吉良よし子参院議員らは27日、国会内で、いじめ問題の解決に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(小森新一郎代表理事)の人たちと懇談しました。 同NPO法人理事の小森美登里氏は「なぜ隠蔽(いんぺい)がまかりとおるのか。いじめ情報の共有が大切です」と強調。子ども...
「野党の本気の共闘をすすめるひつようがある」と中野氏 畑野君枝衆議院議員が挨拶

「野党の本気の共闘をすすめるひつようがある」と中野氏 畑野君枝衆議院議員が挨拶

 川崎市高津区で21日、高津区革新懇の主催で中野晃一さん(上智大学教授)を招いた講演会が開かれました。野党4党の代表者がそろって出席し、引き続き野党共闘をすすめる立場を表明しました。 中野氏は安倍政権による今の政治を許していては日本の未来はつくれないと指摘。政治への関心を広げ、野党の本気の共闘をすすめる必要があるとして...
司法修習手当の必要 21日の衆院法務委員会で畑野君枝衆議院議員が手当の実現を求めた

司法修習手当の必要 21日の衆院法務委員会で畑野君枝衆議院議員が手当の実現を求めた

 日本共産党の畑野君枝衆議院議員は21日の衆院法務委員会で、司法修習生の手当について「基本的な人権の擁護、正義の実現を担う法曹養成のために必要不可欠な制度だと」強調し、次期からただちに実現するように求めました。 司法試験を通過し、法曹になる前の一年間の司法修習期間の生活費を保障する給費制は2011年に廃止され、貸与制に...
製造企業の責任問う・・神奈川アスベスト訴訟で陳述 東京高裁

製造企業の責任問う・・神奈川アスベスト訴訟で陳述 東京高裁

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み肺がんなどを患った神奈川県内の元建設作業従業者と家族、89人が、国と建設メーカーに対して損害賠償などを求めている建設アスベスト訴訟控訴審の第10回口頭弁論が21日、東京高裁(永野厚郎裁判長)でありました。 原告弁護団の小花和史弁護士が、被告メーカーらの責任ついて意見陳述しました。
中学校給食補助制度を 神奈川県議会 大山奈々子県議が採択主張 

中学校給食補助制度を 神奈川県議会 大山奈々子県議が採択主張 

 神奈川県議会第3改定例会は14日、2016年度一般会計補正予算案など25議案を可決し、休会しました。 日本共産党の大山奈々子県議が、7件の議案に反対し、請願3件の不採択に反対する立場で討論しました。 大山奈々子議員は、補正予算案に盛り込まれている、県立保健福祉大学の独立行政法人への移行準備費に関して、同法人化によって...
Return Top