日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

強権政治に審判下す

 神奈川県では、各夕ーミナル駅などで、都議選の共産党予定候補が載った墓示民報を配りました。

 JR東神奈川駅(横浜市神奈川区)では、午前7時から木佐木ただまさ衆院神奈川3区候補、上野たつや県議、宇佐美さやか市議が訴え。
 木佐木氏は「東京都政は神奈川など周辺自治体の政策に影響が大きい。今回の都議選は総選挙の前哨戦でもある。都議選の共産党の躍進で、菅義偉強権政治への審判を下そう」と訴えました。
 宇佐美氏は、コロナ禍で医療現場がひっ迫しているにもかかわらず、五輪のために医師200人、看護師500人を動員しようとしていることを批判。共産党都議団が議会で「五輪中止」を繰り返し求めていることを紹介し、「共産党への支持を東京のお知り合いに広げてください」と呼びかけました。

(しんぶん赤旗 2021/05/15より)

 

Return Top