日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

新春随想 政治を動かす年に

 「救急車が家の前で、2時間半も入院先を探している」と、市民の方から、党市議会議員に連絡がありました。
 新型コロナで自宅療養中の方が高熱を発症し、やっと向かった先は市外の病院。しかし、入院できず自宅に戻されることに。その後、何とか市内の病院が受け入れてくれました。
 16日、新型コロナ患者用の病床使用率(13日時点)で「ステージ4」(爆発的感染拡大)として首都圏では里示をはじめ、栃木、群馬、埼玉、千葉、重症者用を考慮した神奈川が公表されました。
 2度目の緊急事態宣言で、菅義偉首相は、時短や自粛を国民に要請するだけでなく、逼迫(ひっぱく)した医療機関への支援、減収補てんをすべきです。
 自宅で亡くなられた方もいます。無症状者へのPCR検査と保護を行うこと。とくに医療機関と高齢者施設への社会的検査を全額国費で行うべきです。
 飲食店への時短要請に、お店の方は「やっていけない」と悲鳴をあげました。補償は事業規模に即して、そして、納入業者・生産者やタクシーなど影響を受けるすべての業者に必要です。
 持続化給付金、家賃支援給付金の申請は、2月15日まで延長させることができました。
 18日から始まった国会。力を合わせ、政治を動かしましょう!

(しんぶん赤旗 2021/01/20より)

 

Return Top