日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

学問尊重する政治に 学者・はたの氏ら宣伝

 菅義偉首相による日本学術会議推薦の6人の新会員任命拒否問題で、日本共産党神奈川県委員会、かながわ大学人・研究者JCPサポーターズが14日、横浜市神奈川区のJR東神奈川駅前で、任命拒否撤回を求める緊急宣伝に取り組みました。
 日本共産党の、はたの君枝衆院議員、沼上とくみつ衆院南関東比例候補、萩原伸次郎横浜国立大学名誉教授、後藤仁敏鶴見大学名誉教授らが、市民と野党の力で民主主義破壊の菅政権を倒し、「学問と科学を尊重する政治に変えよう」と呼びかけました。
 はたの氏は、菅首相が推薦名簿を「見ていない」というのであれば誰かが勝手に判断し6人を排除したということになり「日本学術会議法に違反する」と指摘、野党合同ヒアリングで徹底追及すると語りました。
 萩原氏は「学術会議の独立性を侵す問題。科学者が自分の研究を自由にできてこそ学問の自由が保障される」、後藤氏は「6人含め105人の推薦名簿があってこそ俯瞰(ふかん)した提言ができる。任命拒否を許してはならない」と訴えました。

(しんぶん赤旗 2020/10/17より)

 

Return Top