日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「新かながわ」2020年8月30日(第2554)号

大井町・清川村などで子どもの国保均等割の減免広がる

 国民健康保険の子どもの均等割額について、自治体が独自に減免する努力が神奈川県内で広がっています。清川村は4月から、子育て支援として、国保に加入する18歳以下の子どもを対象に保険料の均等割額を全額減免し、村民から喜ばれています。

「カジノ是非・住民投票の成功へ」9月4日から署名運動開始、山下公園・横浜集会に800人

 「林横浜市長は勝手に決めないで」―。8月22日、横浜市中区の山下公園で開かれた「カジノもコロナも終息へ 横浜集会」。800人が参加し、赤いプラカードを掲げてアピールしました。

「性暴力・性差別をなくしジェンダー平等社会へ」共産党県委が横浜で講演会

 日本共産党神奈川県委員会ジェンダー平等委員会は8月19日、横浜市内で、講演会「ジェンダー平等の実現めざして-性暴力を考える-」を開きました。オープニングでは、同委員会の一員で衆院神奈川9区候補の斎藤のどか氏があいさつ。1月の党大会で党綱領を改定し、「ジェンダー平等社会をつくる」という一文が入ったことを紹介しました。

Return Top