日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「新かながわ」2020年7月12日(第2548)号

県医労連・神奈川労連が合同宣伝「医療機関・介護事業所を守る、横浜市は手厚い財政支援を」

 神奈川県医療労働組合連合会(神奈川医労連・古岡孝広執行委員長)は神奈川県労働組合総連合(神奈川労連・住谷和典議長)と共同し6月30日、横浜市庁舎前(中区)で、「全ての医療機関・介護事業所を守るために横浜市として手厚い財政支援を」求める緊急宣伝行動を行いました。

「地域医療を担う命の砦」川崎協同病院支援する会事務局光野さん

 首都圏で新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、川崎協同病院(川崎市川崎区)を支援する動きが広がっています。協同病院を支援する会事務局の光野さんにリポートを寄せてもらいました。

6月補正予算「藤沢市が店舗・事務所・住宅リニューアル補助金を創設、市民の声が行政に届く」

 藤沢市は市議会6月定例会に、「店舗・事務所・住宅リニューアル補助金」を創設しました。「新型コロナウイルス感染症の影響を受けて低迷している市内経済の回復」を目的として、市内に店舗・事務所を有する中小業者と市内に住む個人住宅が対象。市内の施工業者が行う事業で、10万円以上の工事で5万円の補助を行うものです。

「国際署名100万人を早期に達成しよう」県原水協が総会

 神奈川県原水協の総会が6月27日、横浜市内で開催されました。神奈川労連の住谷和典議長が開会あいさつ。県原水協の片野憲二理事長が、核兵器禁止条約の批准国が38カ国に広がっていること、県内でもヒバクシャ国際署名が89万7000人分集まったことを確信に前に進もうと訴えました。

「高炉を止めるな、雇用を守れ!」JFEスチール京浜・権利闘争すすめる会が門前宣伝

 JFEは3月27日、2023年に京浜地区の高炉を休止すると発表しました。JFEスチール京浜・権利闘争すすめる会は6月25日、「高炉や設備休止に反対し、雇用と地域経済を守れ」と門前宣伝を行いました。

Return Top