日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「新かながわ」2020年7月5日(第2547)号

「日米安保改定60周年、 安保廃棄と憲法を生かす政府へ」 安保廃棄WEB神奈川集会100人以上が参加

 6月23日は日米安保条約改定から60周年です。「安保廃棄・諸要求実現神奈川県統一促進会議」は同日、安保廃棄6・23WEB神奈川集会を開き、100人以上が視聴・参加しました。

「米軍基地の感染情報の公表を」 新型コロナ逗子市議会が意見書可決

 逗子市議会は6月24日、国に対し、「在日米軍基地の新型コロナウイルス感染症に係る感染者情報公表と感染防止対策の強化を求める意見書」を賛成多数で可決しました。

「カジノなど不要不急な事業は中止を!予算をコロナ対策の強化に」横浜市会  みわ市議が議案関連質問

 6月23日の横浜市会定例会で、新型コロナウイルス対策の第2次補正予算などの議案関連質疑が行われました。日本共産党からは、みわ智恵美市議が登壇。IR・カジノの誘致推進など不要不急の事業を中止し、コロナ対策の強化に予算を振り向けるよう林文子市長に迫りました。

「川崎市議会、一般会計補正予算が成立」共産党、後藤議員が賛成討論

 川崎市議会第4回定例会は6月24日、一般会計補正予算案を全会一致で可決・成立しました。採決に先立ち、日本共産党の後藤真左美議員が賛成討論を行いました。

「横浜市会、給付金10万円遅れの説明を」共産党 北谷議員が一般質問

 6月26日の横浜市会定例会で、日本共産党の北谷まり議員が一般質問に立ち、新型コロナ感染症拡大に伴う特別給付金の支給が遅れている問題や、就学援助制度の周知などについて市の見解をただしました。

Return Top