日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

危険な谷埋め盛土やめよ

 神奈川県の「愛川町半原地区の環境を考える会」と「相模原市緑区長竹地区韮尾根自治会『環境委員会』」は25日、愛川町で、「津久井農場計画」問題の講演会を開きました。
 「津久井農場計画」とは、相模原市緑区長竹地区の韮尾根(にろうね)の谷を100万立方メートルの土砂で「谷埋め盛土」し、敷地面積20・5ヘクタールの農場をつくる計画。
 日本科学者会議長野支部の桂川雅信幹事は、大雨や地震で「谷埋め盛土」全体が地滑りを起こす事例が各地で発生しており、同計画予定地で地滑りが起きれば、下流域にある愛川町半原川北地区に深刻な被害を及ぼす恐れがあると指摘しました。また、同計画はリニア中央新幹線のトンネルエ事の残土処分が目的の可能性もあると指摘し、「業者が盛土後に農場建設を放棄すれば、誰も管理しない危険な盛土だけが残ることになる」と強調しました。
 韮尾根自治会「環境委員会」の鈴木秀徳さんは、農場計画の事業者「佐藤ファーム」と工事を担当する「株式会社フジタ」は住民に対して不誠実な対応を繰り返していると指摘。「事業のために住民の暮らしや命がこの先ずっと脅かされるなど言語道断」と、計画中止を呼びかけました。

(しんぶん赤旗 7/31より)

 

Return Top