日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「谷埋め盛り土」は危険 はたの氏ら農場予定地を調査

 神奈川県相模原市緑区長竹の韮尾根(にろうね)地区に建設を予定している「津久井農場計画」の問題で25日、日本共産党の、はたの君枝衆院議員、大山奈々子、上野たつや両県議、田所健太郎相模原市議、鈴木信一、井上博明両愛川町議が計画予定地を視察しました。
 視察した予定地は山間の谷になっており、計画では100万立方メートルの土砂を地上から80メートルの高さまで「谷埋め盛土」し、農場を建設するとしています。事業主は「有限会社佐藤ファーム」(茅ケ崎市)で、盛り土などの工事を行うのは「株式会社フジタ」。
 「谷埋め盛土」については、阪神・淡路大口災や東日本大口災等の際、盛り土した部分全体が滑り落ちる「滑動崩落」が各地で発生しています。予定地には沢が流れており、盛り土が滑動崩落すれば、下流域にある同県愛甲郡愛川町半原川北地区に深刻な被害を及ぼす恐れがあります。
 口場建設反対運動をしている「韮尾根自治会環境委員会」の鈴木秀徳さんは、「事業者の説明にも不明確な点が多い。農場が造られてしまえば住民は命の危険の中で暮らさざるを得なくなる。絶対に造らせてはならない」と話しました。

(しんぶん赤旗 7/28より)

 

Return Top