日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

学校鑑賞 概算払いを 畑野氏 公演自粛に支援要求

学校鑑賞 概算払いを
畑野氏 公演自粛に支援要求

2020年5月23日【政治総合】

 畑野君枝議員は20日の衆院文部科学委員会で、新型コロナの影響で、公演自粛やキャンセルで大きな損失を被っている文化・芸術への支援を求めました。

 畑野氏は、2月以降に504件の学校鑑賞教室が中止されたと指摘。今後計画する場合は準備の費用も必要であり事前に概算払いするよう求めました。今里譲文化庁次長は「前倒しし準備費等の経費を段階的に概算払いを行う」と答弁しました。

 畑野氏は、緊急事態舞台芸術ネットワークの調査で演劇14社で1億円以上の損失などの深刻な実態を紹介。「文化・芸術関係者の日々の生計や団体の運営、表現の場を確保し提供する支援を」と求めました。萩生田光一文科相は「2次補正予算でボリューム感をもって明るい兆しがみられるような支援策を講じる」と答えました。

(しんぶん赤旗 5/23より)

 

Return Top