日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

安全登校へ環境整備を 畑野氏質問 文科相「きめ細かくQ&A追加」

(しんぶん赤旗 3/25より)

安全登校へ環境整備を 畑野氏質問
文科相「きめ細かくQ&A追加」

2020年3月25日【1面】

 日本共産党の畑野君枝議員は24日の衆院文部科学委員会で、文科省が「一律休校」からの学校再開に向けて同日付で出したガイドラインについて、子どもたちが安全に通えるよう、きめ細かな環境整備や支援を求めました。

 文科省が出したガイドラインは、密閉空間等を避けることや検温、近距離での会話時のマスク使用等を示しています。畑野氏はガイドラインに触れ、マスクや消毒液、非接触の体温計の配備など「安全に登校できるよう具体的な支援を」と要求。萩生田光一文科相は「きめ細かいQ&Aを直ちに追加で出す予定だ。ご指摘があればお知らせいただきたい」と述べました。

 畑野氏は、休校中の遅れを取り戻すための7時間授業や夏休み短縮の動きが出ていると指摘。「子どもに過度な負担がかからないよう学習内容の精選が必要だ」とただしたのに対し、萩生田文科相は「(遅れを)取り戻すためにガツガツやりましょうとは望んでいない」と答えました。

 畑野氏は、就学援助制度や学生・高校生の学費納入などに関し、家計の急変に対応するよう求めました。

Return Top