日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「新かながわ」2020年2月9日(第2529)号

首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟「 力を合わせて全面解決へ」

 建設現場でアスベスト(石綿)被害を受けた神奈川県の建設労働者と被害者の遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めている「首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟」。1月30日、横浜市内で開かれた東京高裁結審大集会には320人が参加し、全面勝利判決を勝ち取り、国と建材メーカーに全面解決を決断させようと決意を新たにしました。

「カジノはいらない 中東派兵反対」横浜でランチタイムデモ

 「安倍さんやめて今すぐやめて」「桜を見るなら税金使うな」「中東派兵は今すぐやめて」「カジノはいらない」―。1月29日昼、横浜市中区のオフィス街にコールがこだましました。

パワハラ被害県が職員アンケート「4人に1人〝被害受けた〟」

 神奈川県がパワーハラスメント(パワハラ)に関する職員アンケートの結果を発表(1月21日)しました。2015年度以降、4人に1人がパワハラ被害を受けている実態などが分かりました。

護衛艦「たかなみ」中東派兵中止を、平和団体、共産党が申し入れ

 海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機が中東に派兵される問題で、神奈川県内の平和団体と日本共産党は1月31日、同隊横須賀地方隊を訪れ、派兵中止を求める申し入れを、河野太郎防衛大臣、横須賀地方総監の杉本孝幸海将あてに行いました。

「女性と若者が動けば政治は変わる」新春平和学校 174人参加

 新春平和学校が1月26日、横浜市神奈川区のかながわ県民センター2階ホールで開かれ、174人が参加しました。主催は県平和委員会と原水爆禁止県協議会です。神奈川うたごえ協議会の歌でスタート。カジノ誘致反対横浜連絡会共同代表の後藤仁敏さんが、カジノの是非を決める住民投票条例実現をめざして特別報告しました。

Return Top