日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「新かながわ」2019年11月3日(第2517)号

「早期の復旧・支援と対策強化を!台風19号被災者の切実な声を反映して!」共産党県議団が知事に緊急要請

 川崎市、相模原市、箱根町などに甚大な被害をもたらした台風19号。日本共産党地方議員団は、被災地を訪れ、被災者の声を聞き、自治体に緊急の申し入れを行っています。10月21日には、党県議団(井坂新哉団長)が、黒岩祐治知事に要望書を提出しました。

[県議会]「IR立地企業の優遇やめよ」補正予算など大山県議が反対

 神奈川県議会は10月16日、県一般会計補正予算など22件を賛成多数で可決しました。日本共産党は、一般会計補正予算、企業誘致策「セレクト神奈川NEXT(ネクスト)」関連の予算など8件に反対しました。

「楽しく学びそして交流し成長し合える仲間がいる」民青の魅力とは?中村和行県委員長が語る

 全国で学んで行動する日本民主青年同盟(民青)。神奈川県委員長の中村和行さんに、その魅力を語ってもらいました。

「愛しい九条変えてはならない」万葉九条の会講演と音楽、文化の集い

 10月16日、川崎市麻生区新百合ヶ丘で、万葉九条の会主催の「講演と音楽 文化の会―憲法9条を愛しいと思う人の集い―」が行われ、380人が参加しました。

「中国経済の現状と展望」米中貿易紛争で講演会(日中友好協会)

 新中国建国70年にあたって、10月18日、「深く知る中国 どうなる中国経済―米中貿易紛争の背景と真実」と題する講演会が横浜市内で開かれ、約100人が参加しました。日中友好協会神奈川県連合会が主催し、NPO法人かながわ総研が協賛したものです。

「知らない間に進む軍事化」横須賀市で憲法カフェ

 横須賀市は、安保法が強行採決された2015年以降、18歳と22歳の名簿を本人に無断で自衛隊に提出しています。我が子も提出されてしまったことを報道で知りました。怖いし気持ち悪いし、不安です。そこで、このことをテーマにした憲法カフェを企画しました。

Return Top