日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

変形労働制 教育現場 全国が連帯 廃案求め全教など国会で抗議

(しんぶん赤旗 11/29より)

変形労働制 教育現場 全国が連帯
廃案求め全教など国会で抗議

2019年11月29日【国民運動】

 全日本教職員組合(全教)、教組共闘連絡会、雇用共同アクションなどは28日、教員に「1年単位の変形労働時間制」を導入する法案の廃案を求める緊急行動を参院議員会館前で行いました。
 全教の小畑雅子委員長は、国政私物化の安倍政権に対する怒りが広がっているとして「国会内外の大きな運動で廃案を勝ち取ろう」と訴えました。
 全労連の小田川義和議長は、長時間労働が管理されていない教職員への変形労働時間制導入は絶対許されないと訴えました。
 全労協の柚木康子常任幹事は、「教職員を増やして長時間労働を是正すべきだ」と主張しました。
 同日の参院文科委員会で意見陳述した岐阜県の公立高校教員、西村祐二さんは、「教育現場の血の通った声を届けてきた。今後も皆で一体となって訴えていきたい」と述べました。
 全教千葉教職員組合の代表は「教職員が疲弊し、子どもに質の高い教育を保障することが困難になる。全国と連帯してたたかう」と発言。映演労連、婦団連の代表もマイクを握りました。
 日本共産党の畑野君枝衆院議員と吉良よし子参院議員があいさつ。吉良氏は、「『桜を見る会』を徹底追及せずに、法案の審議には応じられない。廃案にするため全力でたたかい抜く」と述べました。

Return Top