日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

あさか由香参議院神奈川選挙区予定候補が2019年の参議院選挙で議席に挑戦する決意をお話しします。

いよいよ2019年、7月に参議院選挙が行われます。今度の選挙は悪政・横暴の限りを尽くす安倍政権と対決し憲法改悪にストップをかけ、消費税10%増税をストップさせることがどうかがかかる大事な選挙です。 2016年の参議院選挙で、神奈川選挙区から参議院に挑戦し、僅差で惜敗したあさか由香予定候補が再度挑戦します。 今度の参議院選挙にかけるあさか由香予定候補の決意をご覧ください。

 

【挨拶原文】 新年おめでとうございます。 あさか由香です。 昨年、私は市民の力で安倍政権倒す事ができると確信をもちました. 昨年は強行採決に継ぐ強行採決で悪法が次々通されましたが、憲法審査会での自民党案の提示だけは防ぐことができました。 毎日新聞の世論調査では憲法改定急ぐべきはわずか2割、圧倒的多数6割以上が急ぐべきでないと答えています。 今年も国民投票をしたら絶対に負けると思わせる闘い、みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。 安倍政権は辺野古への土砂投入を強行しましたけれども、今まで声をあげてこなかった多くの方が声をあげ、ホワイトハウスへの署名は全国に広がりました。 安倍政権への怒りが深いところで確実に広がっていることの現れだと思います。そして昨年、なんと言っても嬉しかったのは、沖縄知事選で玉城デニーさんが勝利した事です。 翁長前知事の思い、怒られても、笑われても、県民を信じ辺野古の埋め立て承認撤回を表明したこの思いを、沖縄県民がしっかりと受けとめた覚悟を見せて いただきました。 今年参議院選挙がありますが、みなさんと共に、おかしいことにはおかしいと声をあげる、もっとこういう社会にしたいんだと言う希望、そのために何ができるかを議論する、政治タブーをなくし何でも話せる場を山ほど作っていきたいと思います。 私は「貧困と戦争を世界中からなくしたい」という夢を高校時代から持ち続けていますが、 私が夢を諦めなかった大きな理由は、諦めない生き方をしてる人たちが常に身近にいたからです。 今度は私があきらめない生き方を示していきたいと思います。 皆さんと一緒に人間の尊厳、誇り、そして希望を子どもたちにしっかりと見せていきたいと思います。 ともに本気の共闘で安倍政権を倒しましょう!

Return Top