日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

茅ヶ崎市議補選、金田としのぶ市議候補、8872票を獲得、2017年総選挙の比例票を上回る!

加藤なを子県議の応援を受け、政策を訴える金田としのぶ市議候補

11月18日(日)投票で行われた茅ヶ崎市議補選は、定数1に6人が立候補する大激戦でしたが、日本共産党の金田としのぶ市議候補は8872票を獲得し健闘しましたが、議席を獲得する事はできませんでした。金田候補が獲得した票数は投票率が低下した中で、2017年総選挙の比例票7886票を986票上回ることが出来ました。現職市長の死去に伴う突然の選挙でしたが、中学校給食の実現、ゴミの有料化など市民の関心に応える政策に支持がひろがりました。

現職市長の死去に伴う茅ヶ崎市長選は18日投票され、日本共産党が支持した鈴木たけし市議候補は20547票を獲得しましたが、及びませんでした。市長には元自民党県議の佐藤ひかる候補が当選しました。鈴木候補勝利に向けご支援いただいたみなさんに心から感謝申し上げます。

Return Top