日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

茅ヶ崎市議補選に金田としのぶ市議候補が立候補!

11月11日告示、18日投票で茅ヶ崎市議会議員補欠選挙が始まりました。日本共産党から金田としのぶ市議候補が立候補しました。
2人の共産党市議が市民要求実現めざし全力を尽くしてきました。保護者の大きな要求だった市内の中学校13校のエアコン使用開始、来年6月から小学校19校でエアコンが実現に大きく貢献しました。子ども医療費助成は小学6年までだったものが中学卒業まで拡大。就学援助金の支給は、畑野君枝衆議院議員の質問が力になり、中学入学前に支給される事になりました。
3人の市議団になれば議案提案権を獲得することができ、今まで以上に市民要求実現の力が大きくなり、国の悪政から市民のくらしを守る力が大きくなります。
金田としのぶ市議候補は、中学校給食の実現、特養ホームの増設、家庭ゴミの有料化ストップ、災害に強い街づくり、県立高校の統廃合の中止を求め全力を尽くします。

Return Top