日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

議員任期中の出産 制度改善へともに・・・・地方議員ネットと意見交換 畑野・高橋の各衆院議員、吉良参院議員が参加

 女性議員が任期中の出産する際の課題を巡り、超党派の出産経験者の地方議員で作るネットワークが30日、党議員らと意見交換しました。高橋ちづ子、畑野君枝両衆院議員、吉良よし子参院議員が出席し、男女共同参画などに関する要望書も受け取りました。
 国会議員や地方議員には、産休や育休などの法的制度が適用されていません。妊娠中の議員への対応は各議会に委ねられています。意見交換では「出産予定日まで仕事をしていた」「席が狭く、妊娠中に議席に座れない議員がいた」などの経験が語られました。
 「出産させるために国会に送ったわけではないと言われた」「議会で提起すると『個人的なことだろう』とヤジを浴びた」など、周囲の無理解についての指摘も出されました。 高橋氏は「日本共産党は、県議では5割超が女性。みんなが頑張っているが、ネットワークで制度改善につなげていかなければと感じた」と語りました。
 ネットワークの結成を呼びかけた永野ひろ子豊島区議は(民進党)は、「議会は社会の縮図で有るべき。政治の場に出産を考える女性がいることは、民主主義の健全な姿だ」と強調。「出産経験者の地方議員の約3分の1が日本共産党の方々。超党派で共に頑張っていきたい」と話しました。

Return Top