日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「共謀罪は廃止」宣伝 はたの君枝衆院議員、岡崎ゆたか衆院比例予定候補らが参加

 共謀罪強行採決対し全国各地で抗議行動が行われています。
 神奈川県では、日本共産党の、はたの君枝衆院議員(南関東比例・神奈川10区重複)が、岡崎ゆたか衆院南関東比例・神奈川13区重複予定候補、横田英司神奈川17区予定候補、君嶋ちか子県議らとともに、JR川崎駅西口(川崎市幸区)で宣伝し「共謀罪」強行採決に抗議しました。
 買い物や仕事途中の人達が次々ビラを受け取り、「安倍政権は暴走している」と握手する会社員の男性(46)や、手を振り激励する女性がいました。幸区の女性(61)は、「野党には、こういうかたち声をだしてほしい」と宣伝を歓迎し、「一般の人が罪に問われることになるではと不安です。自民党が多くなりすぎている。野党に議席を伸ばしてもらわないと」と話しました。大学4年生の女性は「政治のことを考えたりするとことが警察によってテロの準備だといわれたらたまったもんじゃない」と憤りました。

Return Top