日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

日本共産党演説会が開かれる 2017年6月3日高津市民館大ホール

斉藤のどか予定候補、井上哲士参院議員、岡崎ゆたか予定候補

井上哲士参院議員

岡崎ゆたか衆院比例南関東予定候補

斉藤のどか衆院神奈川9区予定候補

いび匡利北多摩三区(調布・狛江)都議予定候補

 

 日本共産党川崎北部地区は6月3日(土)午後6時半から高津市民館・大ホールで井上哲士参議院議員を迎え、日本共産党演説会を開催し会場いっぱいの参加者で安倍政権の暴走をストップさせる熱気ある演説会になりました。
 この演説会には、6月22日告示、7月2日(日)投票の東京都議選に立候補する、いび匡利前調布市議会議員が代表して参加し、憲法問題、豊洲問題、暮らしの問題でたたかっている全都議候補への支援の訴えを行いました。
 衆院神奈川9区は候補者が交代し、26歳の斉藤のどか予定候補が立候補を表明しました。斉藤氏は入党したきっかけ、立候補に至った経緯とともに「安倍暴走政治で暗い世の中に灯をともすこと、その灯りを強くするために頑張りますと力強く挨拶しました。
 岡崎ゆたか衆院比例代表南関東ブロック予定候補は、学生の実態に触れ給付制の奨学金の創設、青年の働き方の改善を訴えました。井上哲士参院議員は、共産党が加計学園疑惑の解明に大きな役割果たしていること話し、だれにもハッキリものが言える共産党だからこそ国会で頑張れます。そして、来る総選挙で日本共産党への大きな支持をお寄せくださいと訴えました。

Return Top