トピックス

1217宣伝 宣伝⑤

県委員会は、県常任と勤務員でヒバクシャ国際署名宣伝を9月から毎月行っています。12月の宣伝は17日横浜駅高島屋前で12時~12時30分行いました。
畑野君枝衆議院議員、大山奈々子県議、県勤務員など5人が参加しました。署名は21筆、募金は7,500円集まりました。
「私の親は北海道で被ばく者の会の責任者をしていました。もう亡くなりましたが…」と言いながらサインをし、募金を寄せてくれました。子どもさんを抱いた女性は「核兵器も原発もなくしてほしいです、500円カンパします。」と署名してくれました。「ありがとうございます。募金は高齢になられたヒバクシャの方が、語り部で仕事をするにも、もうタクシーを使わないといけなくなっているので、そういうことにも使われますので、助かります」とお話しすると「そうですね、高齢になられているのですものね、では、500円ではなく1000円しましょう。」協力してくれました。

「核兵器廃絶や原発をなくしてほしい」という思いがみなさんの中に強いことが外に出て、宣伝をするとひしひしと感じます。国民の重いに寄り添えない内閣は退陣願いましょう。