日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

沖縄でのMV22オスプレイの墜落事故に抗議し、 オスプレイの配備撤回を求める申し入れ

沖縄でのMV22オスプレイの墜落事故に抗議しオスプレイの配備撤回を求める要請防衛大臣     稲田 朋美 様
南関東防衛局長  堀地 徹 様

沖縄でのMV22オスプレイの墜落事故に抗議し、
オスプレイの配備撤回を求める申し入れ

2016年12月15日
日本共産党神奈川県委員会
委員長 田母神 悟
日本共産党衆議院議員 畑野君枝

 

 12月13日午後9時30分頃、普天間飛行場所属の米海兵隊のMV22オスプレイが沖縄本島東海岸の名護市安部沖の浅瀬に墜落し大破した。その後さらに別のMV22オスプレイが同じ13日夜に普天間飛行場に胴体着陸していたことが判明した。これまで何回も事故墜落事故を起こしてきたMV22オスプレイの危険性については各方面から指摘されてきたことである。このような事故を引き起こした米国政府と危険なMV22 オスプレイ配備を容認してきた日本政府に対し厳しく抗議するものである。

 今回の事故現場が一番近い陸地まで約50メートルであり、一歩間違えば大惨事につながる墜落事故であった。今回の事故に対して政府は原因究明と安全が確認されるまでの飛行停止を求めているが、昨年のハワイにおけるMV22 オスプレイの事故について防衛省はホームページ上で「MV22オスプレイの設計に根本的欠陥があるわけではないことを改めて確認」としていた。にもかかわらず事故は発生したのである。日本政府のオスプレイについての安全宣言は全く根拠がないことが改めて裏付けられたといわざるを得ない。

神奈川県は沖縄と並んで東日本におけるMV22オスプレイの訓練拠点と位置付けられているところであり、2014年の厚木への飛来以降、累次にわたり人口密集地での飛行を繰り返している。県民の安全と平穏な生活を守るためにこのような欠陥機オスプレイの飛来・訓練を絶対に許すことはできない。今回の事故を踏まえ、日米両国政府が進めている一連のオスプレイ配備と訓練計画を直ちに中止するよう以下の通り要求する。

 

1、普天間基地へのオスプレイ配備を撤回し、日本全土での訓練拡大を中止すること。
2、厚木基地へのオスプレイの飛来を中止し、同基地をオスプレイの訓練拠点としないこと。
3、自衛隊へのオスプレイ配備計画を中止すること。
4、横田基地へのCV22オスプレイ配備計画を中止すること。
5、千葉・木更津ですすめられている日米共用のオスプレイ整備拠点を撤去すること。
6、今回の沖縄での墜落事故の現場検証に地元の警察の参加を認め、警察の捜査が行えるよう米側に働きかけること。

以上

 

沖縄でのMV22オスプレイの墜落事故に抗議しオスプレイの配備撤回を求める要請

Return Top