日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

カジノ法案 いきなり採決の動き 安倍自公政権に維新加担

 衆院内閣委員会は一日、二日の委員会開催を委員長職権できめ、自民、維新はその場でカジノ解禁推進法案を採決するよう主張しました。
 一日の同委理事懇談会で、自民党は2日に委員会を開き採決を行うことを提案しました。維新は賛成し、公明は態度を保留。民進は「運営が不正常だ」として委員会設定に反対しました。日本共産党の島津幸広議員は「国民の多数が反対している法案であり、採決など認められない」と反対。関係団体や専門家の参考人質疑、関係大臣が出席しての質疑など「徹底審議が必要だ」と主張しました。与野党の合意あのないままいい長所県で二日の委員会を設定し採決については同日の理事会に結論を持ち越しました。

2016-12-02-01_00012016-12-02-02_0001

Return Top