日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

衆院選予定候補
top04
top05
top06
top07

日本共産党演説会が開かれる 2016年11月25日、横浜関内ホール

2016-11-25sii 総選挙での勝利と「第27回党大会成功めざす党勢拡大大運動」を必ず成功させようと、日本共産党神奈川県委員会は25日、志位和夫委員長を迎えた演説会を横浜市で開きました。会場の関内ホールは満席。「日本の政治の新しい時代」が始まるもとで、世界の動きを大きくとらえながら、野党と市民の共闘の発展、日本共産党の躍進を必ず勝ち取ろうと志位氏が訴える、随所で盛大な拍手と声援が起こりました。

 次期総選挙をたたかう畑野君枝衆院議員ら小選挙区候補が紹介されました。挨拶した弁護士の太田伊早子さんは日本共産党に期待を寄せました。

 志位氏は冒頭、「今の日本の情勢を全体としてどうとらえるか」と問いかけ、「安倍自公政権とその補完勢力に野党と市民の共同が対決する、日本の政治の新しい時代が始まった。」と強調。安倍暴走政治に対抗する新しい市民運動の発展と、日本共産党の国政・地方選挙での躍進が「新しい時代」を開く力になったと語りました。総選挙で、野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本共産党の躍進をかちとるという二つの目標をやり遂げ「安倍政権を倒し、野党連合政権に向けて大きな一歩を踏み出す選挙にしよう」と熱く訴えました。そのうえで、志位氏は「今の日本の誠意の大きな切り替えが求められています。」と訴え、まず「日本外交の切り替え」について語りました。

志位和夫委員長の訴えは、youtubeからご覧になれます。是非全編をご覧下さい。

2016年11月25日、日本共産党演説会、志位和夫委員長の訴え

畑野君枝衆院議員の訴えを下記からご覧下さい。

2016年11月25日、畑野君枝衆院議員の訴え

Return Top