日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

司法修習手当の必要 21日の衆院法務委員会で畑野君枝衆議院議員が手当の実現を求めた

2016-10-26-001osupurei 日本共産党の畑野君枝衆議院議員は21日の衆院法務委員会で、司法修習生の手当について「基本的な人権の擁護、正義の実現を担う法曹養成のために必要不可欠な制度だと」強調し、次期からただちに実現するように求めました。
 司法試験を通過し、法曹になる前の一年間の司法修習期間の生活費を保障する給費制は2011年に廃止され、貸与制になりました。

Return Top