日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

大義は野党共闘に、「共闘を支えたのは市民」・・・立教大学特任教授 西谷修さん

自公による野党共闘批判にはあきれます。公明党は憲法改正をを掲げていましたが、「平和の党」と言っていませんでしたか。自民党と公明党が一緒に権力の座にいることこそ「野合」です。野党共闘オは、とにかく市民が求めたものです。昨年の安保法制の強行採決で、このままでは日本大変なことになる、まともな政治を取り戻せ、と国会前に集まった学生や市民達が訴えた。むしろ市民が野党に「一致してやってくれ」と要求した。「野合」どころか、はっきりした原理原則の下での政治結集です。・・・・・・・・・

2016年6月27日付 赤旗

20160627野党共闘反撃立教

Return Top