日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

金融・投機マネー頼みのアベノミクスは破たん・・志位和夫委員長

20160626志位 日本共産党の志位和夫委員長は25日、北九州市、福岡市での街頭演説で英国の欧州連合(EU)離脱をきっかけにした日本での株価大暴落、円高急伸を受けて「『アベノミクス』の二つの破たんが明らかになりました」とのべ、経済政策の根本的な転換が必要であると強調しました。 
 志位氏は、「アベノミクス」の破たんとして、第1に大企業が空前の利益を上げながら、家計に恩恵がなく「トリクルダウン」が破たんしたと指摘。実質賃金が5年連続マイナスとなり、年収400万円世帯では20万円も目減りし、1990年以降で最悪となったことと、戦後初めて国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費が2年連続マイナスになった事実を示して、「まさに『アベノミクス不況』というのが実態です」と強調しました。
 第2に、「『アベノミクス』がつくりだしたのは、強い経済ではなく、極めて脆い経済だと言うことです」と志位氏。英国のEU離脱が世界に衝撃を与え日本で起きている急激な円高や株価の大暴落について「なぜ日本経済にこんない大打撃がおこっているのか。それは、『アベノミクス』の結果といわなければなりません」とズバリ。「『アベノミクス』は異次元金融緩和で円安をつくり、海外から投機マネーを呼び込んで、株価をつり上げる、投機マネー頼みの円安・株高政策です。これが、投機マネーの動きにきわめて弱い経済をつくり出しました」と指摘しました。その上で「金融頼み・投機マネー頼みの経済から、実体経済と内需主導の経済に切り換えていく必要があります。とりわけ冷え込んでいる個人消費を温かくるす経済に切り換える必要があります」と訴えました。

 安倍首相が「こういうときこそ自公だ。民共にまかせたら大変」などと攻撃していることに対し、「『アベノミクス』こそ続けたら大変です。二つの破たんが明らかになった。『アベノミクス』から根本的な転換が急務です」と述べました。
 その上で志位氏は、格差社会をただし、経済に民主主義を確立する日本共産党の「三つのチェンジ」提案。その内容を一つひとつ紹介するとともに、「アベノミクス」の破たんが明らかになるもとで「三つのチェンジ」がいよいよ大切になっていると訴えました。

Return Top