日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「2000万署名」4万1922人分を国会提出・・・しんぶん赤旗

752d9f58440054a44e52f3e9f981eb47-300x191

『しんぶん赤旗』に2000万署名の国会提出の様子が掲載されました。

神奈川、千葉、山梨の南関東3県の日本共産党は19日、戦争法廃止を求める「2000万署名」4万1922人分の国会提出行動に取り組みました。

4野党の党首会談を終えたばかりの志位和夫委員長が駆けつけ、「戦争法廃止と共に、消費税増税反対で一致しました。そのほかの共通政策の作成にむけ合意できたことも大きい。戦争法廃止へ政治を動かすためにも、夏の参院選挙で共産党の躍進を」と参加者を激励しました。
椎葉かずゆき、宮内げんの両参院比例予定候補、あさか由香神奈川選挙区予定候補、浅野ふみ子千葉選挙区予定候補が同席しました。椎葉予定候補は、署名活動が、全国で進む参院統一候補擁立の底流になっていると指摘しました。
千葉県西部地区から参加した秋田幸枝さんは、習志野市や八千代市で、これまで一緒に運動してこなかった個人や団体が、継続的に駅頭宣伝や集会に取り組んで いることにふれ「署名をきっかけに結びついた運動を、参院選の結果につなげたい」と話しました。畑野君枝、斉藤和子両衆院議員も出席しました。
署名は全国で1200万人分以上が集まり(3日現在)、引き続き取り組むことが呼びかけられています。

(『しんぶん赤旗』2016年5月20日付)

Return Top