日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「戦争法制は何をもたらすのか」と題して集会を開催 18日夜戸塚公会堂

2016-03-20戸塚神奈川県内の4つの法律家団体が18日夜、横浜市戸塚区で「戦争法制は日本に何をもたらすのか」と題して集会を開き、約250人が参加しました。
主催したのは、青年法律家協会神奈川支部、神奈川労働弁護団、社会文化法律家センター神奈川支部、自由法曹団神奈川支部。
半田滋(東京新聞論説県編集委員)が講演し、改憲問題や戦争法の施行による自衛隊の対米支援の問題点などを解明。
「安保法制(戦争法)は日本を安全にするどころか、東アジア全体の安全保障環境を悪化させる」と訴えました。

Return Top