日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

国立大学授業料40万円値上げ撤回を求める

20151202101410_001のコピー(「しんぶん赤旗」2015/12/02付け 1面)

衆院閉会中審査・・文部科学委員会開催
畑野君枝衆院議員が質問

 国会は1日、衆院文部科学委員会を開き、閉会中審査を行いました。日本共産党の畑野君枝衆院議員は、財務省が国立大学運営費交付金の削減を求めている問題を取り上げ「国の予算を削るために学生に大幅な授業料の値上げを強いることは許されない」とただしました。
 馳浩文科相は「考え方は同じだ。財務省の考え方は本末転倒だ。経済理由で断念せず、安心して学べる環境を整備していく必要がある。運営費交付金の確保に取り組んでいきたい」とこたえました。
 畑野氏は、財務省が求める自己収入増2437億円をすべて授業料で賄えばどうなるのかと質問。常盤豊高等教育局長は「授業料は93万円になり、40万円の増加になる」と答えました。
 畑野氏は、奨学金で平均300万円、多いと1000万円もの謝金を背負う実態をあげ、「高等教育の段階的に無償化を求める国際人権規約や憲法が定める教育機会の均等に反する」と指摘しました。

 

Return Top