日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

神奈川県へ大涌谷の火山災害対策、生活・営業支援を申し入れ

 

DSC_3477

 8月7日、日本共産党の神奈川県議団、箱根町議団、神奈川県委員会は、大涌谷の火山災害対策、生活・営業支援対策を県知事あてに申し入れました。

 6月末に大涌谷周辺が警戒レベル3へ引き上げられ、箱根町では観光客が減少し、町民の雇用やくらし、および町経済に深刻な打撃を受けています。

 党は、大涌谷や箱根火山の監視体制の強化などを求めるとともに、町民への生活支援・営業支援の緊急対策を県知事へ申し入れました。

 県当局は、安全防災局総務室長、災害対策課長が対応しました。

申し入れの全文はコチラ

大涌谷の火山災害対策、生活・営業支援に関する緊急申し入れ」(pdfファイル)

Return Top