日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

米原子力空母 3隻同時交換 -赤旗7月10日号-

phh002

横須賀”永久母港化”狙う

7年近くにわたり横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港に、アジア・太平洋で米海軍の軍事力を誇示してきた原子力空母ジョージ・ワシントンが5月18日、米本土での燃料交換のため日本を離れました。その後継艦として、米軍は今秋、同型空母ロナルド・レーガンの配備を狙っています。この交代は、横須賀基地を、アジアににらみを利かす原子力空母の母港として、恒久化するものです。

Return Top