日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

SEALDs 腹のそこからの叫び

2015062201

 

 「この国の自由とか、民主主義とか、憲法とか当たり前のことを、安倍首相なんかに終わりにさせはしない。はじまっているんですよ、新しい動きは。戦争法案を本当に止めるぞ!」。SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)の学生が腹の底から絞り出した叫びに、国会前に集まった若者達が歓声を上げました。
 19日午後7時、国会正面前。抗議行動まで30分、会場は静かでした。人はまばらで、小雨が降り、長袖でも肌寒い気候。「今日は人が少なそうだ」という予想は、見事に打ち破られました。数分後ふと周囲を見回すと、参加者は一気に膨らんでいました。
(この集会には、多くの神奈川の若者も参加しました。 21日付け「しんぶん赤旗」より)

Return Top