日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

選挙だ、選挙だ。〜熊さん、八ちゃんの選挙談義

熊:おー久しぶりだな。

対談イラスト2015

八:うん、去年の総選挙以来だ。

熊:あれは痛快だった。オレが応援した君枝さん、見事当選、国会議員になった。朝目を覚ましたら、なんと21人も当選だ。驚いたの、なんのって。嬉しかったね。バンザーイ。

八:そりゃ、おめでとう。それはそうと、知事と県会議員や市会議員の投票日が12日だが、柳の下に2匹もドジョウはいないよ。

熊:そんなのは昔の例え話だ。ドジョウに失礼だよ。

八:そか。ドジョウ、ゴメン。

熊:そうよ、総選挙につづけとばかり、みんな一生懸命がんばってる。

八:オレんとこの地域でも、熊さんの応援している人が、「戦争か平和か」って訴えていた。
「中学校給食を実現」「子どもの医療費中学まで無料に」と宣伝してた。

熊:そうかい、そうかい。オレも、あんまり選挙に行かない知り合いに、こんどばかりはと電話したら、「安倍さん怖い」「戦争する気だ」なんて話が出てきた。

八:オレのまわりにも、熊さんのところの支持者じゃないけど、同じことを言っている人がいたよ。みんな心配してんだな。

熊:こんどの選挙の大問題だ。だれにするか決める上でも、考えて欲しいね。

八:熊さんとこの、Cさんという委員長が横須賀で演説していたのを聞いたが、「アメリカと一緒になって海外で戦争する国づくりの戦争立法だ」って言っていた。

熊:そうよ。危ないよ。止めなくちゃ。

八、イヤだね。危ないことは。どうすりゃいいんだ。

熊:暴走ストップの一番力になるのは共産党が伸びることだ。
よーく聞いてよ。自民、公明、維新への一票が戦争への道をすすむ一票。民主への一票はどこにいくかわかんねえ一票。それにくらべ、党をつくって93年間、命懸けで戦争に反対してきた共産党への一票こそ、平和への確かな一票だ。

八:それ、それ、Cさん言ってた。

熊:まあ、県会議員、市会議員の選挙だから、福祉や教育など、身近な問題も考えなくちゃいけない。

八:そう、税金の使い方も問題だ。

熊:県議会も市議会も、知事や市長提案にほとんど賛成する議員が増えても、チェックできないな。いろいろ言い訳したり、聞こえのよい政策しゃべってるが、いままでもそうだし、これからもそうに違いねえ。

八:まったくだ。まして安倍さんの応援団のような人はダメだ。

熊:県民、市民の声を届け、実現へ頑張れる人、大企業に税金をバラまいたり、税金の無駄づかい、不要不急の大規模開発を優先するゆがんだ政治をただせる人、こういう人を選んでほしいね。

八:熊さんとこの人だな。

熊:まずは選挙に行かなくちゃ。県政、市政の4年間を決める大切な日だ。知事は岡本はじめさんだ。おれんとこが推薦してる確かな人だ。

八:よーし、ゆくぞ。ところで、オレんとの地域の人は誰だ。

熊:ネットをみてくれ、「JCPかながわ​」で検索すると出てくる。

八:13日の朝、目え覚ましたら…ワクワク、ドキドキ。

熊:総選挙の躍進に続け!

Return Top