日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

〝共産党 伸びて〟志位委員長・はたの比例候補訴えに反響_横浜駅街頭演説

P1140017 のコピー

 はだ寒い解散日前日の20日昼前、横浜駅西口で開かれた日本共産党街頭演説は、18の小選挙区候補、志位和夫委員長、はたの君枝、岡崎ゆたかの各南関東ブロック比例候補らの訴えに歓声や拍手がたびたび起き熱気に包まれました。演説には、多くの市民が立ち止り訴えを聞き、真剣に考えようとしている姿がありました。

 はたの候補は、「『比例は日本共産党』とご支援を広げていただき、志位和夫委員長の議席を絶対確保するとともに、はたの君枝を今度こそ押し上げてください」と力を込め、「若者を戦争におくり、不安定雇用やブラック企業においやる安倍政権の政治を許しておくことはできません。30人学級の実現へ6人の大臣に質問した私を国会で働かせてください。沖縄の勝利に続いて基地県神奈川で勝たせてください」と訴えました。
 岡崎候補は、無利子奨学金拡充や給付制奨学金実現で「お金の心配なく学べるようにします」と訴えました。
 会議を中断して話を聞きに来たという男性(40)は「ブラック企業はなくしてほしい。残業代が払われるようにし、最賃も引き上げてほしい。共産党はいいことやってくれるのなら伸びてほしい」と語りました。
 業者後援会の菊田由佳さん(42)は、「消費税増税で、業者はつぶされる寸前。増税は死活問題です。今度の選挙では10%増税の延期ではなく、中止を決断させるようにしたい」と語りました。

「しんぶん赤旗」日刊紙、2014/11/21付(首都圏版)。

衆議院比例代表・南関東ブロック、神奈川小選挙区の各予定候補一覧はコチラ

Return Top