日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

横須賀の演説会に会場いっぱいの1200人が参加 7月4日(金)夜

sii-2014-07-04  2014-07-04-01

井坂新哉  キャプチャ

 日本共産党三浦半島地区委員会は7月4日(金)夜、志位和夫党委員長を迎え、横須賀市民文化会館・大ホールで演説会を開催し、会場いっぱいの1200人が参加しました。
 いっせい地方選挙の予定候補の紹介と決意表明を行ったあと、井坂新哉市議団長を何としても県会に送りたいと、無所属の藤野英明横須賀市議から熱烈な応援演説をいただきました。井坂新哉県会予定候補は、絶対に県会に行かせてくださいと力強決意表明がありました。
 そして、訴えに立った志位和夫党委員長は、都議選で躍進し、その勢いで参院選での躍進に結び付けよう。参院選挙では神奈川県がもっとも票を伸ばした。この勢いで神奈川県から必ず県会議席を獲得しようと訴えました。
 集団的自衛権の問題、暮らしの問題、原発の問題に絞って話をしましたが、どの問題でも多くの参加者から共感が寄せられてました。参加者からは「初めて、志位さんの話を直に聞きました。私は29歳、一児の母です。集団的自衛権の行使が不安で来ました。でも、共産党の皆さんのお話を聞いて、本当に希望を感じました。絶望的じゃないと思えました。これから、ママ友や地域の人達、家族へも少しずつ草の根を広げて行けるよう、頑張りたいと思います。志位さんすてきでした。 かっこよかった。 ありがとうございました。」、「志位さんのお話しは大変論理的で聞いていて気持ちが良かった。このようなお話をこれからもあちこちで、より多くの人達に対して、していただきたいと思います。非常に共感するはずだと思います。また共産党の演説会・集会に参加したいと思います」など励ましと感想を寄せていただきました。「志位和夫さんに早く総理大臣になってほしい」との激励もありました。私たちは民主連合政府をつくるために全力で頑張ります。

Return Top