日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

「賃上げの道筋さらに」・・神奈川土建一般労働組合旗開き 2014年1月7日

newyear20140106

 

小池晃副委員長が挨拶

 神奈川土建一般労組は7日、横浜市内で旗開きを行いました。
 同労組中央執行委員長の石渡輝之さんが挨拶し、運動で公共工事の積算に使う設備労務単価が16%引き上がったことに触れ、今年は賃上げの道筋を、さらに確かなものにすることが大事だと強調しました。また、建設アスベスト訴訟勝利に向け、「みなさんとともに頑張っていきたい」と訴えました。
 全建総連、神県連、神奈川労連、日本共産党の代表が挨拶しました。日本共産党からは、小池晃副委員長・参院議員、田村智子参院議員、畑野君枝県副委員長、横浜、川崎両市議団の代表らが出席しあいさつしました。
 小池氏は、消費税増税など安倍政権の暴走にストップをかけることや沖縄県名護市長選、東京都知事選の勝利目指し全力をあげる決意を表明しました。
 また、小池氏は、党国会議員団が、建設国保への国庫補助の現行水準を確保するために党派を超えて奮闘してきた事を紹介。引き続き、建設国保を守るために奮闘したいと述べました。
 大阪泉南アスベスト国賠訴訟で、国の責任を認めた高裁判決を不服として国が同日、最高裁に上告したことに触れて、小池氏は、国の対応を批判し、「アスベスト裁判の勝利のために力を合わせよう」と呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」2014年1月9日付けから転載)

Return Top