日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

横浜の共産党演説会に4千人

13日夜、日本共産党の志位和夫委員長を迎え、横浜文化体育館で開かれた日本共産党演説会には、雨の中約4000人の方が来場されました。

参議院選挙を目前にした演説会では、比例代表選挙で5議席、定数4に増えた神奈川選挙区で、はたの君枝元参議院議員の必勝への熱気にあふれました。

演説会では、比例代表でがんばる、浅賀由香さん、小池晃党副委員長、はたの君枝さんが決意を表明しました。小池さんは、「消費税大増税と雇用破壊を狙う自民党政治には未来がない。暴走する政治に筋を通して立ち向かうのが日本共産党」と訴えました。

はたのさんは、「今回の選挙は自民党対日本共産党の対決です。『増税ストップ、くらしを守る』『憲法を生かして政治を変える』『神奈川から、日本から原発も米軍基地をなくす』。これができるのは、この神奈川では私、畑野君枝です。県民の願いを実現する宝の1議席を私、畑野君枝に託してください」と訴えました。

志位委員長が、経済、原発、憲法、米軍基地、TPP、歴史認識問題など、参議院選挙で問われる争点と、改革提案、日本共産党の役割などを語り、「日本共産党の躍進で、自民党型の古い政治から『国民が主人公』の新しい政治を切り開こう」と呼びかけました。

党演説会2党演説会

Return Top