日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

県議会閉会で共産党県委員会がコメント

神奈川県議会第一回定例会は25日、2013年度一般会計当初予算案をオール与党の全会一致で可決し、閉会しました。

2013年度一般会計予算は、昨年3月に黒岩祐治県知事が立ち上げた神奈川県緊急財政対策本部調査会(「神奈川臨調」)が、「県有施設の原則全廃」、「団体・市町村補助金の一時凍結・抜本見直し」などを打ち出していましたが、これをうけ具体化した県緊急財政対策の最初の予算です。

コメントでは、県予算の問題点を明らかにし、引き続き多くの県民と力を合わせて、県民サービスの切り捨てをやめさせるとともに、今議会中に知事に求めた子育て支援や教育、福祉・医療、雇用と地域経済の振興、原発ゼロと再生可能エネルギー普及、米軍基地撤去など県民要求の実現のために全力をあげることを表明しています。

Return Top