日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

米軍のメデックス2012(野戦病院訓練)に抗議

神奈川県相模原市にある在日米陸軍の相模総合補給廠で保管している病院セットの設営及び運営訓練(メデックス)が8月17日から9月2日までの17日間実施される問題で、市民団体が抗議しています。米国ミズーリ州から、米陸軍第325戦闘支援病院(200名)が参加(訓練期間中は補給廠内に滞在)して訓練を実施するとしています。

相模原市は、在日米陸軍に①訓練実施に際し、市民生活に影響を及ぼさないこと。 ②病院セットについては、本市において大規模災害が発生した際に、本市と締結した災害時相互支援の覚書に基づき、市民の受け入れも行うことを念頭に置いて訓練を行うこと。 ③市民が不安を感じることのないよう、訓練を公開することーを要請しています。

キャンプ座間周辺市民連絡会、相模原市平和委員会は,人口が密集する都市の真中での軍事演習は許されないと抗議。8月14日には、相模原市長にたいし、即時、相模総合補給廠での演習の中止を米軍・国に求めることなどを要請。16日には、米軍への抗議行動も実施しています。

Return Top