日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

豊かな教育、子どもたちに希望をー教育を語るつどい

日本共産党神奈川県委員会主催の「子どもと教育を語るつどい」が6月10日、横浜市内で開かれ、教育関係者、子育て中の母親など100人が参加し、活発に討論しました。

つどいでは、子ども全国センター代表委員の三上満さんがと題して講演。東日本大震災の被災地で奮闘する教職員の姿を紹介しながら、「人間が人間らしく生きられる世の中にするために政治を変えていこうと、人間、集団、政党があきらめずに活動していることが子どもたちの希望のもとになる」と語りました。

特別発言として、放射能副読本問題、教育現場の実情、子育ての立場からなどの報告があり、フロアーから私学、定時制、中高一貫校、障害児学校、学童保育、県立高校などで運動している参加者が発言しました。

日本共産党の元参議院議員で、文教・科学委員会で活躍した畑野君枝さん(衆院比例南関東ブロック)は、「日本共産党の教育改革5つの提案」を発表、「子どもたちが夢と希望を持てる日本を、神奈川をつくりたい」と訴えました。(写真)

参加者から、「畑野君枝さんを今度こそ国会に送り出し、教育改革5つの提案を実現してもらいたい」「もっともっと教育環境をよくしたい」などの感想がよせられました。

子どもと教育を語るつどい2

Return Top