日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

畑野君枝氏が「雇用・労働提言」を提案

日本共産党神奈川県委員会と党県労働者後援会は13日、横浜市神奈川区の県社会福祉会館で、雇用拡大と働くルールづくりを考えるシンポジウムを開きました。115人が参加しました。
シンポでは、畑野君枝元参議院議員(衆院南関東ブロック比例予定)は、党県委員会と畑野氏が共同で制作中の「雇用・労働提言」(案)について解説し、「みなさんの生の声を聞かせていただいて内容を充実させ、実現に力を合わせたい」と呼びかけました。

神奈川労連の水谷正人議長は、オランダ政府が日本国憲法にならって労働時間を規制し最低賃金額を決めたと紹介し「私たちの武器は憲法です。憲法が、職場、社会、議会の中心になるようにしていきたい」と語りました。日産非正規裁判弁護団の田井勝弁護士は、裁判官も企業などのプレッシャーを感じていると述べ「裁判官の気持ちを変えさせる働きかけをしなければならないのではないか」と強調しました。
労働運動総合研究所の藤田宏事務局次長は、フランスとイギリスでは経済情勢にふさわしい政策提起で国民の共感を得て、働くルールづくりを実現したと紹介。「日本でも労働者のたたかいで労働時間を短縮させて雇用を増やし、経済危機を打開しよう」と訴えました。

会場からは、日産、いすゞ、資生堂などの裁判の原告や、大企業のリストラとたたかう労働者、アルバイトの青年などが発言しました。
参加した、衆院神奈川選挙区の釘丸進(8区)、渡辺あき子(12区)の2氏が紹介されました。

畑野氏が提案した「提言」(案)では、大企業などによる不当なリストラの横行、非正規労働者の増大、労働条件の切り下げなど雇用をめぐる情勢と問題点を明らかにしたうえで、働くルールの確立、雇用創出、健康対策などの政策を提案しています。詳細は「提言」(案)を参照。

シンポで「雇用・労働提言」(案)を報告する、はたのさん

雇用・労働シンポで「雇用・労働提言」(案)を報告する、はたのさん

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


Return Top