日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

葉山町議補欠選挙、近藤昇一さん2位当選

近藤昇一

15日投票・開票の神奈川県葉山町の町長選挙と同時におこなわれた町議の辞職に伴う町議補欠選挙(欠員2=立候補4人)で、日本共産党の近藤昇一元町議が2位で当選し、昨年の地方選で失った議席を取り戻しました。また、くぼたみき町議とともに2議席となり、議案提案権を獲得しました。

近藤さんは、保守系の人たちや、町政の動きを心配している多くの町民から、「町民の立場ではっきり物をいう議員が必要」「いまの議会には近藤さんがどうしても必要」など期待の声がよせられ、地元の環境運動にとりくむ住民の人たち、漁協関係者など、無党派層の幅広い支持を獲得、返り咲きを果たしました。

近藤さんは、大地震・津波から町民の命をまもる防災のまちづくり、放射能汚染から子どもをまもる放射線量の測定、「原発ゼロの日本へ」の政策とともに、国保料2万円の引き下げ、中学卒業までの医療費無料化、中学校給食の実施、ごみの減量と資源化などの政策を訴え、共感をひろげました。

一方、自民党の候補者が落選するなど、葉山町での保守基盤の崩れもおきていることを示しています。

町議補欠選挙の結果

当 5,083 町寺 真司 元無

当 4,051  近藤 昇一 共元

   3,278  加藤 清   自元

      2,477 杉野 仁     無新

IMG_2605

当選を喜ぶ近藤さん(中央)と支持者のみなさん

Return Top