日本共産党神奈川県委員会

JCP-kanagawa

成人おめでとう  希望のもてる日本へ 党県委員会と民青同盟が宣伝行動

「成人の日」の9日、晴れ着やスーツ姿の若者たちであふれる新横浜駅周辺で、日本共産党神奈川県委員会と日本民主青年同盟神奈川県委員会が、横浜市主催の記念行事(横浜アリーナ)に参加する若者たちにむけ、新成人の門出を祝う宣伝行動にとりくみました。

党県委員会と党横浜市議団、北東地区委員会、民青同盟から約50人が参加し、若者たちに「新成人おめでとう」と声をかけ、「革新のひろば」号外を配りました。

はたの君枝さん(比例南関東ブロック予定候補)、大貫憲夫、白井正子、古谷靖彦の各市議、大山奈々子県議予定候補らがマイクを握り、「日本共産党とともに、希望のもてる日本をつくりましょう」と呼びかけました。はたのさんは、「原発ゼロ、就職難の解決、正社員として働ける環境をつくるために、あなたも政治に参加し、政治をかえませんか」と語り、日本共産党への入党を呼びかけました。

2012年の神奈川県内の新成人数は、8万5991人(男性4万4988人、女性4万1003人)で、前の年より692人多い。横浜市、川崎市、相模原市など25市町村が9日に記念行事がおこなわれ、南足柄市など1市七町が8日に記念行事がおこなわれました。

成人の日の宣伝

Return Top